不動産投資で失敗しないために | おすすめの不動産投資会社をご紹介

ローリスクでミドルリターンを狙う投資方法とは?

資産運用方法で悩んでいる方必見の情報サイト!ローリスク、ミドルリターンの不動産投資で失敗しない方法を現役サラリーマンが紹介します。不動産投資で失敗しない資産運用を実現しましょう!
「貯金も貯まってきたけど利子が付かない」「株式投資は銘柄を選ぶのが大変だし、毎日株価を追うのも手間。リスクも大きい」「国債を買うというのも手だけれども、昔ほど信頼できるものではなくなってきたし……」――。資産運用方法に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。資産運用するだけで生活できるくらいのお金持ちならともかく、日々の生活費を働いて稼ぎながらも資産を増やしたいサラリーマンにとって、最適な資産運用方法は何なのでしょうか? 私自身、株式投資、投資信託、FXなど、いろいろな資産運用にチャレンジしてみましたが、最終的に行き着いたのは不動産投資でした。
不動産と言えば、巨額な資金が居るイメージを持つかもしれませんが、今は手軽に始められます。不動産投資で失敗しない資産運用を実現しましょう。

オーナータイプ別おすすめする不動産投資会社

不動産投資と一口に言っても、その内容はさまざま。投資方法でどんなスタイルを採るかによって、ハイリスクハイリターンを狙える投資にもなれば、ローリスクでミドルリターンを狙える投資もできるのです。不動産投資のスタイルはざっと大きく分類すると3つ。土地を持っている地主の人だけが可能な土地活用、そしてサラリーマンの私たちでも選択できる都市型のマンション投資、さらにはリスクが高くなりますが地方の不動産物件への投資という選択肢もあります。それぞれの長所・短所、おすすめする企業をまとめましたので、ぜひご確認ください。

サラリーマン向け/頭金10万円でも確かな安定収入を狙うなら都市型マンション投資企業をご紹介!
サラリーマン向け

サラリーマンの方ならアパート・マンションの1棟より1戸をおすすめします。おすすめする3社の不動産投資会社の特徴や強み・実績、不動産投資する際のメリット・リスク、不動産投資する際に注意すべきことなどを簡単に解説していきます。

サラリーマンにおすすめする不動産投資会社

セミプロ向け/リスクを取ってでも高回りを狙うなら地方の不動産投資企業をご紹介!
セミプロ向け

セミプロの方には「利回りの高い投資物件」を持つ不動産投資会社を3社ご紹介します。すべて地方の不動産投資会社になりますが、ある程度の知識をお持ちなら地方の物件でご自身の経験を積むことで収益を見込めます。ハイリスクではありますが、少額の物件を見つけることも可能です。

セミプロにおすすめする不動産投資会社

地主様向け/もっと頼りになる最大手の土地活用相談可能な優良企業をご紹介!
地主様向け

土地活用で迷われている地主の方におすすめするのは、アパート・マンション経営だけではありません。一戸建賃貸や商業系施設など、活用によっては収益が高くなる方法があるんです。土地活用をする上でのメリット・リスクとともにご紹介していきます。

地主様におすすめする不動産投資会社


不動産投資で失敗しないポイント

不動産投資を失敗しないためには、自分に合った投資方法を見つけることです。自分の持っている土地を活用するスタイル、都市型マンション投資、地方の不動産物件投資と3パターンにまとめてみましたが、その中で一番安全なのは都市型マンション投資なのです。
よく考えてみてください。日本は人口が増えなくなってきていますが、都市部の人口はわずかずつではありますが増えてきているのです。東京都の人口は現在、約1300万人。1995年には1200万人に届かない人口だったのです。にもかかわらず、首都圏のマンション供給数は減少傾向。人口が増え、「おひとりさま」と言われる独身男女も増えているのに、供給が減っているわけですから、都市部のマンションに投資しておけば失敗する確率は極めて低くなるのです。

サブリースなら失敗しない?

サブリースという選択肢
それでも不動産投資に不安な人にはサブリースという選択肢があります。

利回りについて

利回りについて(あくまで参考まで)
マンション経営の利回りはおおよそ4~10%程度。計算方法/資産運用方法次第で料率は変りますので、やりようによっては数十%の利回りを実現することすら可能です。

家賃保証について

家賃保証について
サブリースとほぼ同義で、家賃保証というシステムもあります。借り主の連帯保証人となり、家賃を支払えない場合でも代わりに払ってくれる先をつくれるのです。

新築と中古どっちが得?

新築と中古どっちが得?
新築物件と中古物件、どちらに投資した方がお得で失敗しない不動産投資になるかはケースバイケースです。両者のメリット/リスクを考えてみましょう。


不動産&マンション投資の落とし穴

株式投資などにも言えることですが、投資方法によってある程度は不動産投資の失敗確率を下げることができます。例えば高利回り物件には逆に注意を払う、甘言をささやく悪徳業者をパートナーに選ばず、手堅い投資対象を提案してくれるパートナーを選ぶ、といった心構え次第で失敗確率を下げることができるのです。どのような点に注意しておけば、不動産投資で失敗するリスクを抑えることができるのか。問題事例などを挙げながら説明してみようと思います。

問題事例&トラブル

問題事例&トラブル
不動産投資で失敗するのはどんなケースか。実際の失敗事例やトラブルに見舞われたケースを紹介していきます。他山の石として参考にしてください。

アフターサービス

アフターサービス
問題事例&トラブルのページで紹介してきたような問題は、パートナーに選ぶ不動産会社のサポートサービスによって回避することも可能です。

地方と都心の差!立地や環境

地方と都心の差!立地や環境
不動産投資の最重要ポイントは、「どんな物件に投資するか」ということ。そのために必要な物件を見抜くためのデータの見方/考え方についてレクチャーします。


不動産投資会社一覧

これまで実際に資産運用したり、セミナーに参加したり、専門書を読んだりして、私は不動産投資がベストの資産運用術だと考え、このサイトを作成しました。このサイトに書いているポイントを押さえてもらうことで、ローリスク・ミドルリターンの不動産投資が可能になりますが、もう1つ大事になるのが不動産会社選び。会社ごとにそれぞれの強み・弱みがありますし、薦めたい投資先物件も異なってきます。投資物件を扱う不動産会社は多数ありますが、どこの会社をパートナーに選ぶか、というのも失敗を避けるために重要な判断になります。地主にオススメの会社、私のようなサラリーマンにオススメの会社、投資に関して専門的な知識を身に付けている人向けの会社といろいろありますので、自分に合った会社を選ぶように心掛けてください。

アービック
TOYOTA HOME
朝日建設
アーキーコミュニティ
カスミック
日本地建
東急リロケーション
セキスイハイム
住友林業
東京建物
アキュラホーム
三井レジデンス
小田急不動産
東急不動産
リヴァックス(Revax)
SBIプランナーズ
大京
三井ホームエステー
クリスティ
MDI

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする