投資物件購入後のアフターサービスを理解しょう!!

不動産&マンション投資のアフターサービスをチェック

アフターサービス

不動産購入後に発生してくる問題点を整理しよう

不動産投資は物件を購入しても家賃収入を得るための借主を見つけて初めて収益が上がるようになっていきます。投資物件購入後の管理業務のアフターサービスを理解し、不動産運営の心配を取り除く情報をチェックしよう。
不動産投資は投資物件を購入するところがゴールではありません。物件を購入した後、借主を見つけて家賃収入を得ていくことで初めて収益が上がるようになっていくのです。
ですから、不動産投資をする時には、運営フェーズのことまで考えて投資対象の物件を選ぶことが必要になってきます。ですが、変にプレッシャーを感じる必要はありません。賢く不動産運用を助けてくれるシステムを利用していけば、手間を掛けずに手軽に収益だけ得られるようになるのです。

購入後のアフターケアは?

投資用マンションを薦められていますけど、不動産って購入した後に入居者を探したりしなくちゃいけないでしょ? そういう手間が掛かるところが気になっているのですけど、どうにかならないものでしょうか。投資対象としては興味を持っているので、面倒さえ省ければ良いのにと思っています。

これで解決!

不動産を運営していくために必要な管理業務については、不動産管理会社に依頼して、管理業務の代行を頼むことも可能です。また、後述の空室保証システムなど、サブリースという仕組みを利用して、管理業務に加えて入金管理や家賃滞納された際の取り立てなども含めてサブリース会社に依頼するという選択肢も出てきます。手間を掛けて100%収入を得ていくという手もありますが、一部の手数料を支払うことで、そういう業者に依頼することもできるのです。

空室リスクを避けたい

不動産投資って、結局は入居者が入らないと収入が入らないのですよね? 老朽化してきたら築数十年の物件で簡単に入居者が見つかるか不安ですし、入居者が見つからない時にはどうやって探せば良いものか、素人なので見当も付きません。何か良い解決策はないのでしょうか?

これで解決!

以前までは確かに不動産を運営する必要がありましたが、最近は投資と割り切って不動産を所有することができるようになりました。それは一括借上やサブリースといった制度ができてきたから。具体的には空室時でも一定額を支払ってくれる「空室保証システム」という制度があるのです。例えばシノケンハーモニーなどが空室保証をしてくれる不動産会社の代表格。そういうサービスをやっている会社を選べば不安もありません。
ただし、物件の状況や、契約によっては期間が短かったり満足な保証金額にならず契約に至らないなどのリスクがあります

家賃滞納どうすればいいの?

最近はルーズな若者が増えてきたという報道を良く目にします。実際、知り合いの大家も家賃滞納する入居者が居て悩んでいるとぼやいていました。滞納者に対して督促するというのも、気弱な性格なのでできるかどうか自信がありません。滞納されては収益がないのも同じなので、どうすればいいのでしょうか。

これで解決!

家賃滞納の問題も、サブリースや一括借上のシステムを利用することで解決できます。そうしたシステムでは、管理業務の代行から、空き室時の入金保証、さらには家賃滞納時の入金保証までも、すべて1つの企業に任せることができるのです。ですから、家賃の督促なんかはその企業に任せられます。大家としては一切口も手も出すことなく、ただ家賃収入だけを得られる仕組みなので、不動産運営が面倒だと感じるかたも、これで心配ありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする