マンション投資のリスク。落とし穴にはまる前に覚えておいてほしいこと

先人たちのマンション投資の落とし穴にはまってしまったケースは?

不動産投資ののリスクやマンション投資の注意点のイメージ

不動産投資を始める前に覚えておいてほしいこと

かなりの資金が必要になる不動産投資にはどんなリスクがあるのか?失敗をさけるためには失敗事例を知る事。ここでは、先人たちがマンション投資の落とし穴にはまってしまったケースを紹介します。
不動産投資に興味を持ってくれた人には、必ず失敗事例についても知っておいてほしいと思っています。不動産投資にはかなりのお金が必要。ローンを組んで購入するという手もあるわけですが、失敗した場合には泣くに泣けません。当たり前かもしれませんが、失敗を避けたいのなら失敗事例を知ること。同じ間違いをしないように、リスク回避の動きができるように予備知識を身に付けておくことが大切なのではないでしょうか。
今回は不幸にも失敗してしまった先人たちの事例の中でも、マンション投資の落とし穴にはまってしまったケースを中心に紹介していこうと思います。不動産投資にはどんなリスクがあるのか、しっかりと予習して同じ轍を踏まないように心掛けてください。

問題事例&トラブル

不動産投資を始める時に留意しなくてはいけない点

マンション投資を始める際、落とし穴にはまらないよう、最初に覚えておいてほしい注意点をまとめてみました。そもそもマンション投資で必要になる初期の資金はどれくらいなのか、マンションを建てた不動産会社が倒産することの影響としてどんなことが起きるのか、一昔前にニュースを賑わせていた耐震偽装問題はどうなっているのか。そういった不動産投資の中で最大のリスクを引き起こしそうなトピックスについて詳しく掘り下げていきます。ほかにも地震などの天災で物件自体が壊れてしまった時などの問題も考えられますが、このページで取り上げるような問題以外は利回りが多少変わる程度。まずは最悪の事態を想定できるようになっておいてください。

問題事例&トラブルについて詳しく見る

アフターサービス

マンション投資を始めてから陥りがちな落とし穴とは

マンション投資をめぐる最悪のケースを学んでもらったら、あとは代表的な失敗事例・注意点について取り上げていきましょう。私が問題視しているのは、マンション投資の投資した先、資金回収していく運営フェーズについて配慮できている人が少ないところ。マンション購入後に発生する管理業務への対応はどうするのか、空き室が発生した時にはどう対処すればいいのか、家賃の滞納が起きてしまったらどうやって取り立てれば良いのか。マンションを運営するフェーズになるとそのような問題が起こってきます。そういった運営フェーズで起きる問題を見越して準備をしておかないと、当初見込んでいた収入を得られないといった事態に陥ってしまいかねません。

アフターサービスについて詳しく見る

地方と都心の差、立地や環境

地方と大都市圏の物件選びで失敗を招くミスジャッジ

最後に、物件選びをする際の参考にもしてもらうため、地方と大都市圏とでどのような違いがあるのか説明したいと思います。大都市圏と地方とでどんな失敗事例が考えられるのか。エリアの違いによる失敗内容の違いについて見ていきましょう。マンション投資の収入は毎月の家賃×入居率で決まってきます。つまり、大都市圏と地方とで家賃の上昇/下落はどのようになっているのか、入居率の違いは長期的に見てどう変化してくるのか、といった点を見ておけば大きな失敗は避けられるはず。大都市圏と地方の事情について、それぞれ解説していきますので、その中で立地や環境によってどんなリスクが生じてくるのか勉強していっていただければなと思っています。

地方と都心の差、立地や環境について詳しく見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする