地方と都心、立地や環境についてチェックしよう!

物件入居率は、立地や環境で変わってくる!!

地方と都心の差、立地や環境

物件を選ぶのは大都市圏が良いのか地方が良いのか

不動産投資の物件を選ぶには、立地や環境を含め大都市圏が良いのか地方が良いのかを徹底リサーチ!!立地や環境で入居率も変わってきますので、需要・供給のバランスをしっかりチェックしよう。
不動産投資でありがちな失敗として挙げられるのは、自分に適していない投資物件の選び方をして失敗するケースです。具体的には、地方の物件はよほどそのエリアの立地や環境に詳しくない限りは投資を避けた方が良い玄人向け。初心者の人は、今後も供給・需要のバランスが需要寄りで家主有利な大都市圏で物件を選んだ方が良いのです。
ここからは大都市圏と地方の違いについて詳しく取り上げていきましょう。

入居率が高い方を選びたい

地方だろうが大都市圏だろうが、不動産投資は入居者が見つからないと話にならないと思います。入居率が高いのは地方と大都市圏とでどちらが有利なのでしょうか? 最終的には物件の良し悪しで決まってくるのでしょうが、大都市圏か地方かでどれくらいの違いがあるのでしょうか。

これで解決!

物件の立地や環境で違ってくるところが当然ありますが、大都市圏か地方かで選ぶのであれば、大都市圏の物件を選ぶようにした方が賢明です。東京などの都心部は、日本の人口が減少傾向に向かう中でも、地方から上京してくる人なども多く、人口が増加傾向にあります。また単身の世帯も増えていますので、物件への需要は増加傾向。にもかかわらずマンション供給量が減ってきていますので、大都市圏で選んでおいた方が無難な選択だと言えるでしょう。

家賃下落が心配

不動産に投資する場合、長期的に同じ物件を保有することになるため、家賃が下落するリスクを感じています。家賃下落をある程度防げるのなら、不動産投資は魅力的だと思うのですが、大都市圏と地方とで変ってくるのでしょうか。地方で人離れが進んでいることを考えると、大都市圏の方が良い気もしております。

これで解決!

前述の通り、大都市圏にしておけば、需給バランスが大家に有利ですので、家賃の下落は最小限に抑えられます。
また、立地や環境にも注意することが必要です。家賃の下落が起こりにくいのは都市圏の中でも、特に首都圏の都心部。しかも駅近で入居希望者が集まりやすいデザイナーズマンションであれば、多少の経年劣化もデザインのコンセプトでカバーできますので、特に下落しづらい傾向にあります。そんなところに注意すれば、長期間にわたって家賃を維持できるのではないでしょうか。
ただし、震災などで建物が倒壊すれば、不動産価値は限りなくゼロとなり、収入は見込めなくなります。

リーマンショック以降の不動産不況が不安

リーマンショック以降、不動産業界といえば倒産が相次いだイメージがあります。景気も底打ちしたとはいえ、不動産業界に対してはまだまだ不安なイメージが。不動産投資に手を出しても大丈夫な状況なのか安心できません。家賃が下がっているという情報もあったので、手控えています。

これで解決!

不動産業界の不況も、大都市圏を中心に回復傾向にあるようです。一時期は叩き売りのようにマンションの価格も下落傾向にありましたが、大都市圏ではマンション価格が底打ち、上昇傾向に入りつつあります。
逆に考えれば、今が底。これから資産価値が上がってくるフェーズを迎えますので、投資のチャンスと言えるのではないでしょうか。
ただ、地方の物件は今後も過疎化が進むリスクを抱えているため、地価下落が続く恐れがあります。その意味でも都市圏の物件に限って投資した方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする