マンション投資の最悪のトラブルと対策!!

不動産&マンション投資のトラブル事例集!!

問題事例&トラブル

これさえ避ければ大丈夫な最悪のトラブル事例集

不動産投資、その中でもマンション投資にまつわるトラブル事例集を紹介していきます。マンション投資を始める前の不安な問題とその対策についてチェックしよう。
不動産投資を考えた場合に、もっとも注意しておかなくてはいけないのはどんな問題でしょうか?それは投資した物件の価値がゼロかそれに近いところまで落ち込んでしまうことではないでしょうか。地震などは保険に入っておくことでリスクヘッジをかけられるでしょうが、それ以外にも注意しておかなければいけない点があります。このページではそうしたクリティカルな問題とその対策についてまとめています。

頭金がないんだけど、マンション投資始められる?

不動産投資、その中でもマンション投資には前々から興味を持っているのですが、手持ちの資金が不安です。子供の養育費などを考えると、それほど大きな額を投資に回すことは難しいのです。資産運用方法としての不動産投資は魅力なのですが、投資に必要なハードルが高すぎるので、手を出せない状況が続いています。

これで解決!

「マンションを買う」となると一大決心が必要な気にもなってきますが、不動産投資の場合、それほどの自己資金がなくても始めることが可能なのです。
それはローンを組むこと。自分で住んでしまうとローンの支払いが大変なのですが、家賃収入をローンの返済に充てられる不動産投資なら、事情は異なってきます。
場合によっては最初の自己資金がゼロ円からでも物件を買って資産運用に回すことが可能になるケースもあるのです。

分譲会社が倒産したらどうする?

株式投資をしていて、不動産会社の株を買っていた時に倒産されて紙くずになった経験があります。不動産投資でも、契約先の不動産会社に頭金を支払ったものの、直後のタイミングで倒産されて物件の引き渡しができなかったということもあるのではないでしょうか。そう考えると不動産投資も怖くて手が出せません。

これで解決!

よほど運が悪くない限りは頭金の支払後、物件の引き渡しがされない、といった事態は起きないはず。ですが、信頼できる不動産会社を選ぶことは大切です。担当者の人柄だけではなく、財務状況は堅実か、会社の決算書などにも目を通しておいた方が良いでしょう。
むしろ問題は、サブリースなどを依頼していて、そこでその会社が倒産してしまうケース。いずれにせよ、リーマンショック以降、不動産会社の倒産が相次ぐ時期がありましたので、最悪の状況は脱したとはいえ、依頼する会社の財務状況はしっかりチェックしておくことが肝要です。

耐震偽装は大丈夫?

マンションといえば、耐震偽装問題がありましたよね。あの事件が表面化して以来、不動産を買った後に偽装問題が発覚しないか、あるいは手抜き工事があるのではないかと不安です。素人にはパッと見で分からない問題点があったとしても分かりませんからね。そうした不安があるのでマンション投資には積極的な気持ちになれません。

これで解決!

耐震偽装の問題は、不動産業界にはびこる病巣ではなく、個人が営利を求めた結果起きてしまった問題だということが明らかになってきました。
また実は、社会的な問題が起こったことで、不動産会社側に従来以上のプレッシャーが掛かるようになったのです。結果、以前よりも厳しい基準でマンションが建てられるようになってきています。ですから、むしろ以前よりも建物のつくりに関しては安心できる状況になってきていると言うことができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする