気になる不動産投資で失敗しないポイント!!

不動産投資で失敗しないために、物件を賢く選び、リスク低減制度をフル活用しよう

不動産投資で失敗しないポイント

物件を賢く選び、リスク低減の制度をフル活用しよう

不動産投資で失敗しないポイントを知っていますか?物件選びの際にリスクが低い物件を選ぶ。リスクを下げられる制度をフル活用する。不動産投資を行う際の参考にしてください。
不動産投資で失敗しないためのポイントは大きく分けて3つ挙げられます。1つは信頼できるパートナー会社を選ぶこと、そして2点目は物件選びの際にリスクが低い物件を選ぶようにすること、最後の3点目としてはリスクを下げられる制度をフル活用すること、です。
このカテゴリでは、そのうちの後者の2つ、物件選びの際に気を付けるべきポイントについての情報と、不動産投資を考える時にぜひ活用してほしいリスク低減のための制度について説明していきます。サブリース、家賃保証といった専門用語、利回りの考え方、新築・中古のメリット・リスクについて解説していきますので、不動産投資を行う際の参考にしてください。

サブリースなら失敗しない

初心者でも安心して不動産投資が可能になるサブリース

不動産投資、と言いますが、一昔前までは土地にマンション/アパートを建てて、誰かに貸して、家賃を回収して、引っ越していったら部屋のクリーニングをして、と非常に手間が掛かり、収入も空き室の時は入ってこないので非常に不安定な状況でした。そういった問題を解決して、初心者の人にも安心して不動産投資が可能になるように考え出された制度がサブリースです。元々はsub(代わり)lease(貸す)ということで、又貸し・転賃のことを指す言葉でしたが、今ではこの制度を利用することで、投資主が毎月安定収入を得られるようになっています。

サブリースなら失敗しないについて詳しく見る

利回りについて

計算方法次第で全然違ってくる不動産投資の利回り

不動産投資の利回りは、ほかの資産運用方法と比べた場合、複雑になってきます。というのも、額面通りにやった場合に得られる利回り(=表面利回り)と、管理費や修繕費などの経費やら将来的な売却益も含めて考えた場合の利回り(=実質利回り)のどちらで見るかによって、利回りの数字がまったく変ってくるからです。表面利回りは4〜10%程度が目安になってきますが、実質利回りで考えれば数十%クラスの利回りも期待できます。
表面利回りと実質利回りはどのような違いがあるのか、そして表面利回りが高利回りになっている物件にはどんなリスクがあるのか、利回りに関する情報をお伝えしていきます。

利回りについて詳しく見る

家賃保証について

一般にも浸透してきた家賃保証システムでリスク回避

以前まではアパート・マンションを賃貸しようと考えた時には、親族に連帯保証人になってもらうことが必須でした。それが近ごろでは、家賃保証会社を立てることで、連帯保証人になってくれる人がいない場合でも部屋を借りられるようになっています。
それは借り主側の事情ですが、逆に貸し主側の視点に立って考えてみると、間に家賃保証会社を立てておくことで、借り主がちょっと家賃振込を遅らせたりした場合の取り立てなどをしなくても、家賃保証会社から自動的に振り込まれるようになる、というメリットがあります。毎月、定期的に家賃収入を得られるようになる家賃保証の仕組みを説明します。

家賃保証について詳しく見る

新築と中古どっちが得?

新築と中古、それぞれのメリットを考える

不動産投資で重要な物件の選び方。大都市圏で投資するか、地方で投資するか。あるいはマンションにするか、戸建てにするか、といった軸で選択していくことになりますが、新築と中古のどちらの物件に投資するか、という選択も重要になってきます。
はたして、不動産投資を行う時に新築と中古のどちらがお得なのでしょうか。もちろん、それぞれメリット/リスクがあるわけですので、まずはそれを学ぶところから初めて行きましょう。新築と中古、それぞれのメリット/リスクを理解した上で、あなたの投資スタイルに合う物件を選ぶようにしていってください。

新築と中古どっちが得?について詳しく見る

  • 他の不動産投資会社をチェック!
  • おすすめの不動産投資会社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする