不動産運営の悩みを解決してくれるサブリースシステム!!

サブリースシステムで不動産運営の不安やリスクを解消しよう

サブリースなら失敗しない?

初心者の心強い味方になってくれるサブリースシステム

初心者には、不動産投資には不安や悩みがいっぱい…。不動産運営の煩わしさ、手間、空室時の家賃収入問題等の不安や悩みを排除してくれるサブリースシステムを紹介します。
不動産投資を行う際に、気をつけなくてはいけないのは物件の運用をどうするかというところです。借主を探して、家賃を回収して、退去時にはクリーニング/リフォームを行う。不動産会社の協力を得ながらやっている大家さんも居ますが、ほかで仕事を持っていて、不動産運営に手間を掛けたくないオーナーの方には、「サブリース」を活用することをオススメします。サブリースとはどのようなシステムなのか、これから勉強していきましょう。

サブリースとは?

元々、サブリースとは又貸し・転賃のことを指す言葉でした。オーナーから物件を借りた第三者がほかの人に物件を貸すこと。それが今では、不動産運営を専門家に任せたいオーナーが不動産会社に一括借上で任せっきりにして、毎月の定期的な家賃収入を得るために利用するシステムを指す言葉として使われるようになってきています。

サブリースとマスターリースの違い

マスターリースとは、 サブリース(転貸借)を前提とした賃貸借契約のことです。
ビジネススキームとしては、専門の管理会社がマスターリースすることで建物のオーナー様(賃貸人)に固定賃料を保証するかたわら、それ以上の高い賃料で入居者に転貸(サブリース)します。
このような事業は、サブリースするためにマスターリースするので、「サブリース事業」と呼ばれています。

  • マスターリースとサブリースを使った仕組みの3人の関係
  • 1.賃貸人 建物(ビル、マンション、アパート等)のオーナー
  • 2.賃借人 主に建物の管理会社で、一括借上する主体
  • 3.第三者 一般入居者

サブリースの特に優れている点

マスターリースとサブリースを組み合わせることにより、オーナー様が直接の賃貸契約を結ぶ相手は管理会社一社のみとなります。契約内容により多少の違いはあるでしょうが一般にはオーナー様と管理会社との間で賃料の最低保証や建物管理の契約が交わされます。オーナー様の収入となる家賃は、地域や建物の状態などによりますが、一般の入居者が支払う賃料総額の80%~90%程度で、入居者が支払う敷金は、管理会社が預かり、礼金や更新料は管理会社の収入になることが多いようです。
利点は、オーナーは建物管理や入居者募集などの建物賃貸借にかかるリスクを切り離すことができることでしょう。

  • ポイント
  • 1.空き室時の場合でも、家賃収入が保証されること
  • 2.物件管理の手間をマスターリース先の不動産会社に全委任できること

初心者にとって不動産運営は不安が沢山あります。不動産運営の煩わしさや手間を省き、空室時には家賃収入が入ってこないと行った不安・リスク要因を排除してくれる仕組みがサブリース。「不動産のオーナーになる」という覚悟がなくても、純粋に「投資対象として不動産を買う」という意識でも不動産投資に踏み込めるようにしてくれたのが、この仕組みなのです。

サブリースのメリット、リスク

メリット リスク
家賃収入が安定する 礼金・敷金は手元に入ってこない
家賃滞納のトラブルを回避できる 家賃の決定権はサブリース会社
家賃保証以外にもサービスがある 会社が倒産してしまうと、貸主変更など通常よりも面倒な手続きが必要
メリット詳細

サブリースを使うメリットは、手間を掛けずに安定的に収入を得ることができる、というところに尽きるのではないでしょうか。不動産投資をして自分で不動産を運営しようとすれば、株式投資と比べていろいろと手間が掛かってしまうのですが、サブリースを導入すれば株式投資などとほとんど同じ感覚で投資することができるようになります。家賃滞納時に催促をする、というのはなかなか初心者にはハードルが高いものなので、そうしたトラブル対応も任せられるのがいいですね。

リスクの詳細

サブリースのリスクとしては、最大の収入を得ることができない、ということになるのでしょうか。サブリースの場合、敷金・礼金などの収入はサブリースを任せる不動産会社が得られるようになります。また、毎月の家賃もサブリース会社が決定。自分が受け取る金額から2割前後上乗せした額で家賃を設定しますので、多少は損をしていることになります。

管理人おすすめポイント

サブリースという制度に対応してくれる不動産会社は、かなりの数に上ります。ですから、「サブリース」とは言っても、その条件の設定の仕方は会社によって異なってきます。どれだけの期間サブリースに対応してくれるのか、リフォーム代も含める形でサブリースを運用してくれるのか、といった点についてはチェックした方が良いでしょう。また、契約期間について話をすると、契約期間が切れるたびに契約内容を更新することになるのですが、そのたびに家賃(あなたに振り込まれる毎月の収入)が見直されることもよくあります。ただサブリースに対応しているかどうか、だけではなく、その内容まで掘り下げて見るようにしましょう。

サブリースおすすめの会社は??

東京なら・・・シノケンハーモニー

  • シノケンハーモニーを詳しくチェック!
  • シノケンハーモニーの公式HPへ
シノケンハーモニーが選ばれる理由

親会社が上場企業のシノケングループ。総合力は折り紙付です。空き室・家賃滞納時も収益がある家賃保証システムは35年間の長期間対応。一般のマンションでは経年劣化で資産価値が下落しがちですが、同社の物件はデザイナーズマンションであるため、デザインが価値を生み、長期にわたって価値を保つことができる、といったメリットもあります。

シノケンハーモニーの評判

不動産投資といえば、管理業務の手間や、空き室・家賃滞納が発生した際に収入が無いことが懸念事項です。けれどここなら管理業務はすべて任せられ、家賃保証システムで毎月一定額が振り込まれます。その安心感に対するポジティブな評価が目立ちます。
また、営業担当者もリスクを包み隠さず話してくれるようで、そこから信頼している人も多いようですね。

シノケンハーモニーのここがスゴい!
  • POINT1 35年間の家賃保証
  • POINT2 入居率98%
  • POINT3 大家業務をすべて代行
  • POINT4 頭金10万円からOK

不動産投資を実際にやるとなった時に壁となるのは、「空き室や家賃滞納にどう対応するか」「経年劣化で入居率は低くならないか」「管理業務の手間は掛からないか」「初期の資金がかなり必要なのでは」といったあたりではないでしょうか。ここはそんな懸念事項をすべてクリア。初心者でも気軽に不動産投資をできるようにさまざまなサポートを用意してくれています。株式投資や投資信託何かと同じ感覚で不動産投資を可能にしてくれているのです。

最長35年のサブリースシステムを提供するシノケンハーモニーの公式HPへ

特徴別でおすすめする不動産投資会社

入居率が98%以上の不動産投資会社 魅力・特徴・強み
ヴェリタス・インベストメント 自社ブランドマンション入居率100%
シノケンハーモニー 1番の魅力は35年間の空室保証
インヴァランス 入居率が高いのは徹底した立地調査
プロパティエージェント 集客用情報サイトでネットワーク強化
新築マンション投資に強い会社 魅力・特徴・強み
住友不動産株式会社 信頼かつ安心の住友ブランド
スカイコート株式会社 借り上げ保証で30年以上の実績
スターツピタットハウス株式会社 WEBと提携企業との集客ネットワーク
株式会社日本ワークス デザイナーズ物件に強く、中古も扱う
中古マンション投資に強い会社 魅力・特徴・強み
株式会社大京 グループ独自の幅広いネットワーク
株式会社グリップ 20代~30代のマンション経営者多数
株式会社日本財託 25年以上の実績・経験を持つ投資会社

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする