サラリーマン向けの不動産投資会社をご紹介 | サラリーマンが不動産投資で失敗しない会社選び

人気のサラリーマン向け不動産投資会社を徹底調査

不動産投資で失敗しないサラリーマンにおすすめの不動産投資会社

頭金10万円でも安定収入を狙えます!
都市型マンション投資企業をご紹介!

気になるサラリーマン向けの不動産投資会社は?サラリーマンの方に合った投資物件からおすすめする不動産投資会社と、まさにサラリーマンのための不動産投資情報満載のサイトです。
サラリーマン向けにオススメなのは都市型のマンションを狙った投資をすること。人口が減少傾向にある日本でも都市部の人口は増加傾向。マンションの供給数も決して多くないため、今後も賃貸のニーズが高止まりすると予想されます。
また、アパート/マンションを1棟建てるために、土地を買って建物を建てて、とやろうとするのは非現実。すごい額の資金が必要になってしまいます。けれど、都市型マンションへの投資であれば、1棟ではなく1戸から投資OK。投資額はグンと下がりますし、新築であればローンも借りやすい。時には頭金10万円からでも自分の物件が持てますから、今後も安心で初期の投資資金もあまり必要ない、という魅力があるのです。

サラリーマンが不動産投資をするメリット・リスク

それでは、ここからサラリーマンの方が不動産投資をするメリット・リスクを簡単にお伝えしていきます。

メリット

管理は管理会社にお任せできる
不動産投資のメリットは、物件の管理、入居者の管理、契約や税金関連などの手続きに煩うことがないこと。すべての業務を管理会社に委託することができるのです。ほとんど管理の手間がかかることはないでしょう。
マンション投資が生命保険の代わり
マンション投資の場合、ローン申し込みと同時に「団体信用生命保険」に加入することになります。これは契約者に万が一のことがあった場合、生命保険でローンが完済される仕組みになっており、ご家族の方にローンが残ることはないのです。生命保険の代わりに無借金の不動産(物件)と毎月の家賃収入が安定した形で生涯入ることになります。現在加入している保険内容と比べてみてください。
私的年金を確保できる
現在の日本は財源不足により、「年金支給年齢の引き上げ」や「年金額の減少」といった危機に直面しています。
1つの例ですが、世帯税込年収300万円~500万円未満の夫婦二人の場合、ゆとりある老後の生活費(月額)は約30万円~35万円未満、年金受給額(月額)は約14万円と、その不足額は約16万円~21万円とかなり差が開いていました。(「平成25年度、生活保障に関する調査」生命保険文化センターより)
上記は概算ですが、将来は公的年金に頼るのではなく、今のうちに不動産投資を始め、賃料収入で長期的に安定した資産形成をすることで、退職後のセカンドライフや安心した老後人生を期待できるのではないでしょうか。
インフレーションに強い
インフレーション(以下、インフレ)は物の価値が上がり続けること。インフレと聞くと「モノの価値が上がってしまう」と、マイナスに受け止めがちですが、モノ=不動産物件のため、取り扱っているオーナーにとっては大きなメリットになります。お金の価値が下がりますが、不動産を購入した方が将来の資産運用の観点から見ると大きなチャンス。すでに所有しているオーナーであれば家賃も上昇傾向になりますので、インフレこそ不動産投資をおすすめできます。

リスク

投資金額が大きい
新築か中古、担当エリアなどによって金額は変わってきますが、1,000万円前後から億単位の幅広い価格帯で設定されていますので、大きな投資と言えます。FXや株などに比べると間違いなく金額は大きいでしょう。
空室のリスク
この点に関しては誰もが心配されるところ。物件を購入しても入居者がいなければ収入はゼロですし、入居者が退室してもすぐに次の入居者が決まる保証はありません。
※空室対策はサブリースを利用する方法があります。詳しくは『初心者の心強い味方になるサブリースシステム』をご覧ください。
資金流動化のリスク
投資用不動産を売却しようとしてもすぐに売却できるとは限りません。金額が大きいことが理由の1つですが、市場の変化によって「投資用不動産が売却できないかもしれない」というリスクがあることを知っておきましょう。
※一般的に、不動産の売却期間は3ヶ月から6ヶ月かかると言われています

メリット・リスクをご理解いただいた上で、当サイトがサラリーマンの方におすすめする不動産投資会社を3社ご紹介します。

東京なら・・・シノケンハーモニー

  • シノケンハーモニーを詳しくチェック!
  • シノケンハーモニーの公式HPへ

シノケンハーモニーが選ばれる理由
親会社が上場企業のシノケングループ。総合力は折り紙付です。空室保証システムは35年間の長期間対応。一般のマンションでは経年劣化で資産価値が下落しがちですが、同社の物件はデザイナーズマンションであるうえに、さらに劣化対策等級3級(最高等級)を取得。理論上は90年もつと言われています。立地も都心部の駅徒歩10分圏内限定とこだわり、長期にわたって価値を保つことができる、といったメリットもあります。
  • シノケンハーモニーの特徴まとめ
  • 1.入居者に選ばれるデザイナーズマンションと好立地
  • 2.豊富な不動産投資資金調達のバリエーション
  • 3.不動産経営に必要な賃貸管理業務を一括代行
  • 4.マンション経営開始後のサポート体制の充実
  • 5.35年間の空室保証
  • 6.50%のオーナー様がリピート・紹介で購入している
シノケンハーモニーの評判
不動産投資といえば、管理業務の手間や、空室・家賃滞納が発生した際に収入が無いことが懸念事項です。けれどここなら管理業務はすべて任せられ、空室保証システムで毎月一定額が振り込まれます。その安心感に対するポジティブな評価が目立ちます。
また、営業担当者もリスクを包み隠さず話してくれるようで、そこから信頼している人も多いようですね。
シノケンハーモニーのここがスゴい!
  • POINT1 35年間の家賃保証
  • POINT2 入居率98%
  • POINT3 大家業務をすべて代行
  • POINT4 頭金10万円からOK

不動産投資を実際にやるとなった時に壁となるのは、「空室や家賃滞納にどう対応するか」「経年劣化で入居率は低くならないか」「管理業務の手間は掛からないか」「初期の資金がかなり必要なのでは」といったあたりではないでしょうか。ここはそんな懸念事項をすべてクリア。初心者でも安心して不動産投資をできるようにさまざまなサポートを用意してくれています。株式投資や投資信託何かと同じ感覚で不動産投資を可能にしてくれているのです。

株式会社シノケンハーモニーの情報ページへ

大阪なら・・・日本エスリード

  • 日本エスリードを詳しくチェック!
  • 日本エスリードの公式HPへ
日本エスリードが選ばれる理由

日本エスリードは近畿でマンションの供給戸数でNo.1だった実績のある会社です。やはり、大手のマンションデベロッパーの方が、立地などで良い条件の物件を持っています。大阪で選ぶのなら、日本エスリードを選択肢に入れたいものです。

日本エスリードの評判

関西圏・近畿方面の物件を多数取り扱う「日本エスリード」では、人気の高い都市型タワーマンションが豊富!高級感のある物件が多く、入居者募集の効率も非常に良いのが魅力!投資用物件としてだけではなく、居住用としても購入する方が多数いらっしゃいます。駅から近く周辺環境もスーパーやコンビニなどがあり、このような利便性の高い物件は、入居者からとても人気が高いですね。近畿圏で投資用マンションをおさがしならここ!ですね。

日本エスリードのここがスゴい!
  • POINT1 近畿地方に強い
  • POINT2 近畿でマンション供給率No.1の実績
  • POINT3 3種類のプランから選べる賃貸サポート
  • POINT4 入居率96%と高水準

顧客サポートの姿勢には疑問符が残るものの、立地条件の良い物件が多いためか、入居率は96%と高水準を確保できているようです。また購入後の管理業務などのサポートプランも3種類用意されています。その中から自分に適したものを選べますので、自由度は高くなっているようです。なんだかんだで近畿地方では有力な企業ですからね。

日本エスリード株式会社の情報ページへ

福岡なら・・・ダイナ

  • ダイナを詳しくチェック!
  • ダイナの公式HPへ

ダイナが選ばれる理由

福岡に密着して都市型マンションを販売している不動産企業がダイナです。地場の情報に強いところを活かして、良い立地のところにマンションを建てるようにしているようです。やはり、頼るのはその道のプロ、ということなのでしょうか。

ダイナの評判

「賃貸経営をするなら都心部!」オーナーが安心してお金を出せるのがこの会社!立地条件を独自の市場調査により厳選し、優れた物件プランをオーナーに提案しているのが魅力ですね。ダイナは、都心部の駅近物件なども多数抱えており、それらの物件は空室リスクが限りなく少ないというメリットがあります!

ダイナのここがスゴい!
  • POINT1 福岡市の地場の情報に強い
  • POINT2 地元の強みを活かしたマンション計画
  • POINT3 借上と滞納立替から選べる2つのシステム
  • POINT4 グループ一丸になってのサポート体制

都市型マンションを選ぶポイントはいくつかありますが、その中でも一番大事なのは立地。駅近などの好まれる場所の物件は、多少経年劣化しても、入居者がつきます。その点、ダイナの魅力はやはり、福岡市の地場の情報に強く、それを活かしたマンション企画から自社でやっている点。福岡でマンション投資を考えるのなら、頼りになるのではないでしょうか。

株式会社ダイナの情報ページへ

不動産投資する際に注意すべきこと

事前に確認しておくべきポイントを4つ挙げておきます。

全部を管理会社任せにしない
煩わしい手続きは管理会社にお任せすることはいいのですが、丸投げとは違います。毎月の家賃がちゃんと振り込まれているか、入居者募集の際の広告の仕方、入居者からのクレームの有無など、ご自身で情報共有の姿勢をとっておきましょう。こちらから情報共有を求めれば、担当者にも緊張感が生まれるため、信頼関係を築くことができ、結果、何かあった時に協力し合う関係になるでしょう。
無理な借金をしない
不動産投資は、無理な借金をしないことも大切です。
ここまで説明してきたように、投資額は大きいため、セミナー・営業・広告などで簡単に物件を購入する方も多いです。購入した時点から多額の借金を背負い、空き室が続けばマイナスが重なっていきます。最悪の場合は自己破産…、なんてことも。そうならないためにも、不動産投資をするのであれば、無理をせず、より慎重に考えてから決断しましょう。
表面利回りではなく実質利回りを確認する
利回り(=物件の収益性)を確認する際は、管理費や税金などを除いた実質利回りを確認してください。表面利回りが高くても、ランニングコストが高ければ実質利回りは低くなります。
物件探しは人脈が影響する
良い物件情報は表には出ていません。広告やネット上で見かけたときは、すでに取引済となっているケースがほとんど。ご自身が探しているなら同時に他のオーナーも探していると思ってください。
そして、そんな時こそ不動産投資会社の担当者に協力してもらいましょう。向こうは不動産業界のプロ、表に出ない物件を教えてもらうためにも、普段から信頼関係を築いておきましょう。

特徴別でおすすめする不動産投資会社

入居率が98%以上の不動産投資会社 魅力・特徴・強み
ヴェリタス・インベストメント 自社ブランドマンション入居率100%
シノケンハーモニー 1番の魅力は35年間の空室保証
インヴァランス 入居率が高いのは徹底した立地調査
プロパティエージェント 集客用情報サイトでネットワーク強化
新築マンション投資に強い会社 魅力・特徴・強み
住友不動産株式会社 信頼かつ安心の住友ブランド
スカイコート株式会社 借り上げ保証で30年以上の実績
スターツピタットハウス株式会社 WEBと提携企業との集客ネットワーク
株式会社日本ワークス デザイナーズ物件に強く、中古も扱う
中古マンション投資に強い会社 魅力・特徴・強み
株式会社大京 グループ独自の幅広いネットワーク
株式会社グリップ 20代~30代のマンション経営者多数
株式会社日本財託 25年以上の実績・経験を持つ投資会社

いかがでしたでしょうか。不動産会社と物件選びは一期一会。セミナーなどの情報収集とともに、ご自身が感じる担当者の営業力・人間力などを見て、投資の判断をしてください。

そして、不動産投資を始める前に少しでも失敗しないポイントを知ることは大変重要です。上記でも触れていますが、ここではもう少し詳しい内容をまとめましたので、不動産投資会社に出会う前に予習しておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする